2017年10月30日

源氏物語について その二十五

源氏物語第10帖「賢木」。

桐壺院が亡くなり、
次の帝は桐壺院と、
弘徽殿太后との間の子である、
朱雀帝に決まっていたので、
当然政治の権力も、
左大臣側(源氏や藤壺)から、
名実ともに右大臣一派へと移っていきました。
源氏側の人々は、
人事面でも昇進しないなど、
不遇の時代になっていくのです。

以前のブログの中に登場した朧月夜の君は、
弘徽殿太后の妹で、
右大臣からすると6番目の娘です。
朧月夜の君は宮中にあがっていて、
尚侍(ないしのかみ)になりました。

尚侍とは天皇のそば近く仕え、
帝の言葉を伝達したり、
臣下の言葉を帝に伝える仕事をした、
内侍司(ないしのつかさ)の長官のことです。
この時代には女御・更衣に準ずる立場で、
帝の寵愛を受けた者もあり、
朧月夜の尚侍就任も、
そのような史実によるものだそうです。

朧月夜の君は人柄が素直で明るく、
女御・更衣がたくさんいる後宮でも、
帝から格別な寵愛を受けていました。

後宮とは皇后以下の天皇の后たちを照合していう言葉。
または后たちの住む御殿をいうそうです。

弘徽殿太后が実家に帰ることが多いので、
朧月夜の君を弘徽殿に住まわせていました。
弘徽殿は清涼殿(内裏の主要な宮殿の一つで、
帝の日常の住まい)に近く、
晴れ晴れして明るいので、
朧月夜の君も派手に陽気にしていました。
ですが、内心は源氏のことが忘れられず、
いつも悲しい思いをしていました。

次回に続きます。
posted by コポ at 21:49| Comment(0) | 源氏物語