2018年07月30日

源氏物語について その三十八

源氏物語第11帖「花散里」

源氏は麗景殿の女御を訪れた後、
花散里のいる西向きの部屋へ、
目立たないように顔を出しました。
花散里にとっては久しぶりの上、
あまりにも美しすぎる源氏に、
つい恨めしさも忘れてしまったようです。
源氏は花散里になにやかやと、
親しみ深く優しい言葉をかけます。
その様子には嘘はないようです。

仮にも源氏と逢瀬を遂げた女たちは、
皆並みの身分ではなく、
それぞれに話が通じないということがありません。
憎々しいいざこざもなく、
源氏も相手の女も互いに心を通わせて、
過ごすのがいつものことでした。
しかし、逢瀬が途絶え途絶えになるのを、
嫌がるような女は、
何かと心変わりをするのも、
源氏は仕方のないことだと思っているのでした。
さっきの中川あたりの女も、
そんな境遇の女だったのです。

この「花散里」の帖はここで終わります。
源氏物語54帖の中で、
とても短い帖ですが、
弘徽殿太后の勢力から、
政治的な圧力が強まる中、
麗景殿の女御、花散里と、
心穏やかな人たちの登場で、
とても安心しますね。

花散里という人物は目立つ存在ではありませんが、
源氏はとても信頼して大事にします。
たとえば亡き妻葵との息子である、
夕霧を預けて後見役にします。
ですが、夕霧は成長してから、
「どうして父源氏が、
こんな美しくもない女性を寵愛しているんだろう」、
と不思議に思うところがあるのですが、
これは寂聴さんのご本によると、
第2帖「帚木(ははきぎ)」の中の、
「雨夜の品定め」にヒントがあるそうです。
源氏たちの女性批評の中に、
「顔でも身分でもなく、
心根がよければいいのだ」、
という発言がありました。
「花散里はまさにこの心根の部分で、
源氏に愛された女性なのでしょう」と。

花散里はこの後紫の上とともに、
源氏を支えていくのです。

ここまでが第一部前半となります。
私のつたない文章で、
わかりづらいところが多々あったと思いますが、
後半もぜひお付き合いください。
posted by コポ at 21:21| Comment(0) | 源氏物語

2018年07月20日

源氏物語について その三十七

源氏物語第11帖「花散里」。

源氏はその後麗景殿の女御と、
妹三の君(花散里)の邸を訪れましたが、
思っていたよりも人の気配がなく、
静まり返っているのを見て、
源氏は胸がしめつけられるのです。

まず、麗景殿の女御と対面した源氏は、
月の光がこぼれる夜空をあおぎながら、
桐壺院の昔話などを、
しみじみと語り合いました。

麗景殿の女御は年配ではあるが、
柔らかな物腰で、
上品な雰囲気を持っています。
亡き父桐壺院から、
取り立てて寵愛をうけていたわけではないが、
人間としてその人柄が親しみ深く、
おっとりと優しい人だと、
院が思っていたことなどを思い出しました。
それに加えてたくさんの昔のことを思い出し、
源氏は涙ぐむのでした。

そこに、中川あたりで鳴いていたほととぎすと、
同じ鳴き声で鳴いているほととぎすがきたので、
源氏は「あれはさっき鳴いていたほととぎすだろうか。
私の後を慕って来たのであろうか?」、
と思ったりしています。

私も数か月前こんなことがありました。
栗駒山へ早朝出かけたとき、
今まで聞いたことのない鳥の声がしました。
夫と「この鳴き声の鳥はなんだろうね?」、
などと話をしたあと、
検索してみましたが、
見当がつきませんでした。
このあたりにいる野鳥なんだなと思いながら、
帰ってきて3日目の朝です。
栗駒山で鳴いていた鳥と同じ鳴き声で鳴いている鳥が。
「栗駒山から後を追ってきたのだろうか?
まるで花散里みたいだなぁ」、
となんだか嬉しい気持ちになり、
一人でニコニコしながら目を覚ましたのでした。
次回に続きます。
posted by コポ at 21:52| Comment(0) | 源氏物語

2018年07月11日

源氏物語について その三十六

源氏物語第11帖「花散里」。

五月雨がしとしと降る時期、
梅雨の晴れ間に源氏は麗景殿の女御を訪れました。
しかし、本当の目的は麗景殿の女御の妹、
三の君(花散里)に会うことでした。
源氏はその途中中川あたりで、
見覚えのある邸から、
和琴の音が派手になっているので気になり、
よく見てみると一度だけ来たことがある女の家でした。
「長く訪ねていないから忘れられているかもしれないな」、
と思いながらもじっとその家を見ていると、
ほととぎすが一声鳴いて渡って行ったのです。
源氏は何か促されているように感じ、
車を引き返らせ家来の以光にさっそく手紙を持たせました。
「昔を今に引き返して、
思いをこらえることができなくなったほととぎすが、
あの頃ほのかに逢瀬をいたしました、
この家の垣根に鳴いております」、
と以光が源氏の歌を伝えると、
中では若い女房たちの声などがして、
いったい誰だろうといぶかしんでいるようです。
そのうち返歌が詠みだされました。
「ほととぎすが語りかけてくる声は、
確かに昔のあの声でございますが、
ああはっきりいたしませんねぇ、
この五月雨の空では」と。
以光はわからないふりをして、
こんなことを言うのであろうと思い、
「花散りし庭の木の葉も」で始まる古歌になぞらえ、
「ここがどこやら見間違えたかもしれませんなぁ」、
と言いながらさっさと出てしまったのです。
その家の中では女が一人、
恨めしくも残念にも思っているのでした。
源氏はこのレベルの女なら、
「筑紫の五節(ごせち)」という舞姫がよかったな、
などと他の女のことを思い出しているのです。
一度関係した女のことは、
すっかり忘れることがない源氏ですが、
かえってそれが多くの女たちの悩みの種になってしまうのです。

五節とは、
陰暦11月の新嘗祭で行われる、
四人(大嘗祭は五人)の舞姫による行事のことです。
次回に続きます。
posted by コポ at 21:31| Comment(0) | 源氏物語