2018年07月30日

源氏物語について その三十八

源氏物語第11帖「花散里」

源氏は麗景殿の女御を訪れた後、
花散里のいる西向きの部屋へ、
目立たないように顔を出しました。
花散里にとっては久しぶりの上、
あまりにも美しすぎる源氏に、
つい恨めしさも忘れてしまったようです。
源氏は花散里になにやかやと、
親しみ深く優しい言葉をかけます。
その様子には嘘はないようです。

仮にも源氏と逢瀬を遂げた女たちは、
皆並みの身分ではなく、
それぞれに話が通じないということがありません。
憎々しいいざこざもなく、
源氏も相手の女も互いに心を通わせて、
過ごすのがいつものことでした。
しかし、逢瀬が途絶え途絶えになるのを、
嫌がるような女は、
何かと心変わりをするのも、
源氏は仕方のないことだと思っているのでした。
さっきの中川あたりの女も、
そんな境遇の女だったのです。

この「花散里」の帖はここで終わります。
源氏物語54帖の中で、
とても短い帖ですが、
弘徽殿太后の勢力から、
政治的な圧力が強まる中、
麗景殿の女御、花散里と、
心穏やかな人たちの登場で、
とても安心しますね。

花散里という人物は目立つ存在ではありませんが、
源氏はとても信頼して大事にします。
たとえば亡き妻葵との息子である、
夕霧を預けて後見役にします。
ですが、夕霧は成長してから、
「どうして父源氏が、
こんな美しくもない女性を寵愛しているんだろう」、
と不思議に思うところがあるのですが、
これは寂聴さんのご本によると、
第2帖「帚木(ははきぎ)」の中の、
「雨夜の品定め」にヒントがあるそうです。
源氏たちの女性批評の中に、
「顔でも身分でもなく、
心根がよければいいのだ」、
という発言がありました。
「花散里はまさにこの心根の部分で、
源氏に愛された女性なのでしょう」と。

花散里はこの後紫の上とともに、
源氏を支えていくのです。

ここまでが第一部前半となります。
私のつたない文章で、
わかりづらいところが多々あったと思いますが、
後半もぜひお付き合いください。
posted by コポ at 21:21| Comment(0) | 源氏物語