2019年07月06日

源氏物語について その四十一

源氏物語第12帖「須磨」。

この当時の須磨の様子は、
現在の立派な街とはかけ離れていて、
うらぶれた漁村だったそうです。

源氏はなによりも、
紫上(成長した若紫の姫君)を、
都に残していくことが気がかりでした。
紫上は実父の兵部卿宮とも対面し、
源氏の妻として、
幸福に暮らしていることも知らせていましたが、
紫上の継母は意地悪で、
紫上が幸福になったことに、
腹を立てていました。
今回の源氏の不幸を知り、
「ほら、ごらん。あの女は大切な、
人と別れる不幸な運命をもって生まれてきたのです。
源氏の君に可愛がられて、
いい気になっていたのも束の間じゃないか」、
と悪口を言っているのです。
紫上の実父も気が小さく、
右大臣側からにらまれるのがこわいので、
源氏とは親しくしていません。
紫上はそんな実父や、
継母が恥ずかしく、
自分の親は育ててくれた源氏しかいないと思っているのです。
その源氏が分かれて遠くにいってしまうのが、
悲しくてなりません。
「どんな苦労でもしますから、
一緒に連れて行ってください」、
と紫上は泣いて頼みました。
源氏も心細くなる、
紫上の身の上が心配で、
連れて行ってしまおうかとも思いましたが、
「罪人が女を連れて行ったとなると、
物笑いの種になってしまいます」、
と言って聞かせました。
そして、[もし私がこの京に戻ることができないときは、
どんなみすぼらしい家だろうと、
あなたを呼び寄せて一緒にくらすからね」、
と約束をして紫上を慰めました。
次回に続きます。
posted by コポ at 18:06| Comment(0) | 日記

2019年07月02日

源氏物語について その四十

源氏物語第12帖「須磨」。

なかなかこの帖はすすみません。
というより私が頭の中で、
情景を想像しかみ砕くことが、
困難なのです。
などと言い訳がましくしております。

政治的な圧力に耐えかねた源氏は、
自ら須磨に去ることを決め、
たくさんの人たちに別れを告げました。

花散里もとても悲しみ、
源氏のことを心配しました。
他にも源氏のことを思い、
一人悲しんだ女はたくさんいたのでしょう。

藤壺の尼宮からも、
源氏を心配するお見舞いが、
人目につかないように、
こっそりとありました。

出発する日が近づいてきたので、
源氏は左大臣家にあいさつに行きました。
ここには亡き正妻葵上との息子である、
夕霧がいるのですが、
まだ幼く父親の源氏が遠くに行ってしまうことがわかりません。
亡き正妻葵上の父である左大臣や、
兄で源氏の親友でもある頭中将たちと、
昔話をしながらお別れをしました。
次回に続きます。
posted by コポ at 21:00| Comment(0) | 日記