2017年11月26日

とても長く感じる一日でした

今朝、おばあちゃんが4時頃倒れました。

トイレを済ませ、部屋に戻る時に、
おばあちゃんの足音とは思えない、
大きな音がばたばたとしました。
夫が先に気付き、急いで行ってみると、
廊下を歩いている間に崩れるように倒れ、
声をかけても返事をしなくなり、
見る見るうちに手や足が冷たくなったのです。
急いで救急車を呼び、
私が付き添い、夫は我が家の車で後に続きました。
救急隊の方が声をかけても、返事が聞こえないので、
どんな状態なのかわからず、焦るばかりでした。
救急車を降りる時、隊員の方に、
「意識はあるんですか?」
と聞くと、
「声をかけるとうなずいていますよ」
と言われ少しだけ安心したのですが、
低酸素状態になっていたらしく、
いつもの数値の半分以下だったそうです。

なぜ突然こんなことになったのか、
在宅酸素は医師から言われている、
要領でやっているのに、
心臓が突然悪化したのか、
と、頭の中でたくさんのことを考えました。

病院で診察してもらってから、約5時間が過ぎた頃、
原因がわかりました。
一週間前に転んだ時に、肋骨を2本折っていたそうで、
そこから出血していたのが胸に溜まり、
肺を圧迫したため、
呼吸できない状態になっていたそうです。
在宅酸素をしていても、
それでは足りないぐらいに、
圧迫されていたようです。
安心できる状態になるまでは、
しばらくかかるそうで、
私たちも入院したとはいえ、
まだまだ気が抜けません。
posted by コポ at 22:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。