2018年05月26日

この頃の我が家

12月末におばあちゃんが退院してから、
まもなく半年になります。
とても痛そうだった褥瘡の踵のところも完治し、
今は訪問看護とヘルパーさんに来てもらい、
リハビリを頑張っているのですが、
何日ほど前からか、
また小さな褥瘡が出始めたようなのですが、
「寝るときに向きを変えたりしながら、
大きくならないようにしようね」
と、看護師さんから優しく言われていました。

実家の父は一か月ほど前、
突然39.6度の熱を出し、
救急車でかかりつけの病院へ。
インフルエンザかも知れないので、
救急室では隔離され、
熱を下げる点滴をしました。
主治医にすぐ診察してもらったのですが、
「結果が出るまでも時間がかかるし、
かなりの高熱なので、
今日はこのまま病院にいたほうがいいね」
と言われ、入院することになりました。
一週間ほどの入院でしたが、
インフルエンザではなかったようで、
今回の出来事の二週間前に、
軽い肺炎があったことも一つらしいのですが、
誤嚥性肺炎も要因の一つらしいとのことでした。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、
水や食べ物胃食道逆流物などが、
誤嚥によって肺に入ってしまい、
細菌が繁殖して炎症をおこしてしまうことだそうです。
高齢者はわずかな誤嚥が、
重篤な肺炎や呼吸器疾患につながりやすいため
周囲の人が、十分に注意してお必要があるそうです。
確かに私たちも、ちょっと器官に入っただけで、
苦しい思いをするのに、
これが高齢者だったら本当に大変なことだと思います。
みなさんのお近くに高齢者がいらっしゃる場合は、
ぜひ注意して見守ってあげてくださいね。
posted by コポ at 21:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。