2018年07月11日

源氏物語について その三十六

源氏物語第11帖「花散里」。

五月雨がしとしと降る時期、
梅雨の晴れ間に源氏は麗景殿の女御を訪れました。
しかし、本当の目的は麗景殿の女御の妹、
三の君(花散里)に会うことでした。
源氏はその途中中川あたりで、
見覚えのある邸から、
和琴の音が派手になっているので気になり、
よく見てみると一度だけ来たことがある女の家でした。
「長く訪ねていないから忘れられているかもしれないな」、
と思いながらもじっとその家を見ていると、
ほととぎすが一声鳴いて渡って行ったのです。
源氏は何か促されているように感じ、
車を引き返らせ家来の以光にさっそく手紙を持たせました。
「昔を今に引き返して、
思いをこらえることができなくなったほととぎすが、
あの頃ほのかに逢瀬をいたしました、
この家の垣根に鳴いております」、
と以光が源氏の歌を伝えると、
中では若い女房たちの声などがして、
いったい誰だろうといぶかしんでいるようです。
そのうち返歌が詠みだされました。
「ほととぎすが語りかけてくる声は、
確かに昔のあの声でございますが、
ああはっきりいたしませんねぇ、
この五月雨の空では」と。
以光はわからないふりをして、
こんなことを言うのであろうと思い、
「花散りし庭の木の葉も」で始まる古歌になぞらえ、
「ここがどこやら見間違えたかもしれませんなぁ」、
と言いながらさっさと出てしまったのです。
その家の中では女が一人、
恨めしくも残念にも思っているのでした。
源氏はこのレベルの女なら、
「筑紫の五節(ごせち)」という舞姫がよかったな、
などと他の女のことを思い出しているのです。
一度関係した女のことは、
すっかり忘れることがない源氏ですが、
かえってそれが多くの女たちの悩みの種になってしまうのです。

五節とは、
陰暦11月の新嘗祭で行われる、
四人(大嘗祭は五人)の舞姫による行事のことです。
次回に続きます。
posted by コポ at 21:31| Comment(0) | 源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。