2019年07月06日

源氏物語について その四十一

源氏物語第12帖「須磨」。

この当時の須磨の様子は、
現在の立派な街とはかけ離れていて、
うらぶれた漁村だったそうです。

源氏はなによりも、
紫上(成長した若紫の姫君)を、
都に残していくことが気がかりでした。
紫上は実父の兵部卿宮とも対面し、
源氏の妻として、
幸福に暮らしていることも知らせていましたが、
紫上の継母は意地悪で、
紫上が幸福になったことに、
腹を立てていました。
今回の源氏の不幸を知り、
「ほら、ごらん。あの女は大切な、
人と別れる不幸な運命をもって生まれてきたのです。
源氏の君に可愛がられて、
いい気になっていたのも束の間じゃないか」、
と悪口を言っているのです。
紫上の実父も気が小さく、
右大臣側からにらまれるのがこわいので、
源氏とは親しくしていません。
紫上はそんな実父や、
継母が恥ずかしく、
自分の親は育ててくれた源氏しかいないと思っているのです。
その源氏が分かれて遠くにいってしまうのが、
悲しくてなりません。
「どんな苦労でもしますから、
一緒に連れて行ってください」、
と紫上は泣いて頼みました。
源氏も心細くなる、
紫上の身の上が心配で、
連れて行ってしまおうかとも思いましたが、
「罪人が女を連れて行ったとなると、
物笑いの種になってしまいます」、
と言って聞かせました。
そして、[もし私がこの京に戻ることができないときは、
どんなみすぼらしい家だろうと、
あなたを呼び寄せて一緒にくらすからね」、
と約束をして紫上を慰めました。
次回に続きます。
posted by コポ at 18:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。